items

ペルシャ絨毯

絨毯の最高峰といわれるペルシャ絨毯。
絨毯ギャラリーではクム、ナインなどの主要産地で織られた、シルクやウールのペルシャ絨毯を多数取り揃えています。

  • クム マスミ
    クム マスミ
    全体がシルバーブルーの淡い色調で統一された一枚。
    フィールド部一面に細かい立体感のある小花がちりばめられています。
  • クム ラジャビアン
    クム ラジャビアン
    イランの国花バラをモチーフにした絨毯を織る工房として名高い。
    最高のシルク、染色、技術にこだわり作り出される絨毯は、イランを代表する絨毯として高い評価を得ています。
  • カシャン モルシェディー
    カシャン モルシェディー
    フィールドが紺、ボーダーが赤の落ち着いた色合いのメダリオンコーナーデザインの絨毯。
    所々にシルクで織られた花をちりばめており、敷いたときに浮き上がってみえるように工夫されている。
  • ナイン ハビビアン
    ナイン ハビビアン
    ベージュの色調で統一されたメダリオンコーナーデザインの絨毯。
    柔らかい色合いなので、敷く場所を選びません。
  • タブリーズ アリナサーブ
    タブリーズ アリナサーブ
    幻想的な絵画、風景画、人物画を絨毯に織りあげ、
    最高級のピクトリアル絨毯を生み出します。
  • タブリーズ
    タブリーズ
    タブリーズの絨毯で最も人気のあるデザイン。
    ハアザミの葉が様式化され菱形に組み合わさってできた花文はヘラーティー文と呼ばれています。
    この葉の形が魚に似ることよりマーヒー(ペルシャ語で魚)柄とよばれています。
  • イスファハン セイラフィアン
    イスファハン セイラフィアン
    フィールドに狩猟図、ボーダーに花と鳥文様が施されている。狩猟図はペルシャの伝統的意匠で、今日も好んで用いられる。
  • イスファハン ハギギ
    イスファハン ハギギ
    この工房は、19世紀末からのイスファハン絨毯復興期に大きな役割を果たした。
    方向性のある絨毯で、花と鳥文様を絵画調に織りあげた一枚。
  • イスファハン シャハプール
    イスファハン シャハプール
    イランでは幸せの門と呼ばれているらしい。
    この意匠は、コーランに表現される「楽園」の入り口を象徴している。
ペルシャ絨毯の5大産地
  • クム
    Qom
    クム
    イラン第2の聖地として厳かな空気の漂うこの街で、絨毯づくりが始まったのは1930年代のこと。やがてウールからシルクの絨毯づくりに移行するや、長足の進歩を遂げ、今日では押しも押されもしない絹絨毯の代表的産地として世界的に名が知られるようになりました。
  • カシャン
    Kashan
    カシャン
    カシャンは古くから工芸の街として、タイルや織物などの産業が発達したところです。サファヴィー朝当時から宮廷の絨毯工房などがあり、数多くの名品絨毯が生み出されました。伝統的な職人の技が今日にまで受け継がれ、オーソドクスな意匠の絨毯づくりがおこなわれています。
  • ナイン
    Nain
    ナイン
    砂漠のオアシス都市ナインで絨毯づくりが始まったのは、1920年代に入ってからのこと。イスファハンの絨毯づくりに倣ってスタートしましたが、ユニークなデザインと品質の良さで、一躍メジャー産地にのし上がりました。落ち着いた色調のデザインは日本でも大人気です。
  • タブリーズ
    Tabriz
    タブリーズ
    北西ペルシャにある東西交流の要衝の地タブリーズは、サファヴィー朝初期の都として絨毯の名品が数多くつくられたところです。また19世紀後半の絨毯復興期には、タブリーズの商人が大いに活躍し、今日のバリエーション豊かな絨毯づくりの基礎を築きました。
  • イスファハン
    Esfahan
    イスファハン
    16世紀サファヴィー朝ペルシャの都として栄え、イスラーム世界でもっとも美しいといわれた街。 当時建てられた華麗なモスクや建造物が今もその栄華を偲ばせ、街全体が美術館と称賛されるほどです。絨毯づくりの伝統も今日にまで受け継がれています。
  • HOME
  • ペルシャ絨毯

お問い合わせ

サービスや商品、店舗に関するご質問・ご相談は、下記よりご連絡ください。

078-857-0415

営業時間 10:00~18:00 水曜日定休(祝・休日の場合は平常通り)

お問い合わせフォーム

PAGE TOP